お店のこと

コットン(綿花)栽培日記 はじまり

111IMG.jpg

2001年 8月、生花店オープン
それは私にとって、突然の決断でした。

小さい頃から花畑のある家で育ったせいか、
いつか花を扱う仕事がしたい』と
いう夢がありました。

それは、私にとって、自然の流れ
だったのかもしれません。

土と空気と太陽がいつも私のそばにあり、
生花店は、オープンしましたが、やはり、

私は『土』とのかかわりを生活の中心に
置きたくて、生花店を2年で閉め、
いまでは畑作りに専念しています。


栽培している花は、ドライフラワー
になる花のほかに、北海道では難しいという
綿花を栽培しています。

綿花の栽培は『私の夢』でもあり、
どうしても挑戦したかった花なのです。

早速、行動に移すために書店に向かい、
目にした一冊の本

   
はじめての綿づくり

を手にとり、そこから初めての
コットン(綿花)栽培
はじまりました。

この栽培日記では、私が2004年の一年間に
挑戦したコットン(綿花)の栽培の記録
を紹介します。